Adobe illustrator

人に優しいグラフィックデザイナーになる。イラレのアートボードの作り方

今でもトンボをアートボード上に作る方法は残っています。印刷所は対応してくれますが、データを渡す時に一点だけ気を使うことで印刷所に、かなり助かる事があります。
Adobe illustrator

イラレでハーフトーンを使ってグラフィカルなドットパターンを作る

今回はイラレのカラーハーフトーンの機能を使ってドットパターンを作ってみたいと思います。最終的にはパスにして様々な使い方が出来るようになるので大変便利です。
Adobe illustrator

イラレの3D機能を使ったテキストエフェクト

今回はイラレの3D機能を利用したテキストエフェクトをご紹介したいと思います。このやり方でテキストを平面でありながら立体に見せる方法を習得できます。
スポンサーリンク
Adobe illustrator

レイヤー構造を保持してコピーする方法【コピー元のレイヤーにペースト】

新規ファイルを作ったときに以前のデータからオブジェクトを持ってきたい。さらにレイヤー名や構造を保持した状態で持ってきたい。そんなときに知ってると便利な機能を一つご紹介します。
Adobe illustrator

イラレで作るブレンドツールを使った今流行りの立体文字

今回はタイトルにある立体もじをグラデーションとブレンドを使って作っていきます。ネットで流行りのアレですね。
Adobe illustrator

イラレでテキストエフェクト-アイソメトリクスでへこんだ文字の作り方

今回はイラレでテキストエフェクトを作ります。タイトル画像のような床や壁にくぼんだテキストを作成してみましょう。
Adobe illustrator

イラレのライブコーナーでアレンジの幅を広げよう

今回は、イラレの便利機能「ライブコーナー」のお話です。ライブコーナーを使うと角のバリエーションも増えたり各コーナーで形を変えることができるのはご存じでしょうか。
Adobe illustrator

イラレのエフェクト。最近、Pinterestでよく見かけるアレの作り方

Pinterestでデザイン系をチェックしていると必ずと言って良いほど出てくるアレですね。見かけは派手ですがイラレの基本的なアピアランスでできてしまいますので覚えておくと良いと思いますよ。
Adobe illustrator

イラレでグランジ素材を作るなら散布ブラシがおすすめ!素材を探す必要もなし!

通常ブラシを作る場合はアートブラシが使われると思います。これからご紹介する方法では散布ブラシを使っていきます。使い方によってはPhotoshopのブラシの感覚に近いものができるかもしれませんよ。
Adobe illustrator

イラレで和柄のエ霞(えがすみ)を作る

今回は和柄の一つエ霞を作ってみたいと思います。普通に作ってもアレなので加工のしやすいように作ってみたいともいます。雲模様だとばかり思っていましたが霞(かすみ)なのですね。それではいきましょう。
スポンサーリンク