イラレで画像を自由変形。エンベロープの使い方【Tips】

自由変形 Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoenです。

今回は、イラレのエンベロープを使って画像を自由に変形させてみましょう。

以前、画像をパス化して自由に変形させる手順をお話ししましたが、今回はエンベロープを使って画像を自在に変形させていきます。

パスのオブジェクトは自由変形ツールで加工出来ますが、画像はできません。

代わりにエンベロープを使用すると変形が可能になります。

ほぼどんな形にもかえられるので大変便利です。

画像のままなのも扱いやすい魅力のひとつです。

では、見ていきましょう。

スポンサーリンク

イラレで画像を自由に変形。エンベロープの使い方

やり方は3つあります。

メッシュで作成

まずは画像を配置して埋め込みましょう。

画像を選択した状態で「オブジェクト→エンベロープ→メッシュで作成」を選びます。

メッシュの数を入力します。メッシュの数が多いほど細かくコントロール出来ることになります。

メッシュの各ポイントをつかんで動かすとそれに合わせて画像が変形します。

ワープで作成

画像にワープ効果をかけたい場合はこちらの「オブジェクト→エンベロープ→ワープで作成」を選択します。「効果→ワープ」では画像オブジェクトには効果をかけられません。

機能は「効果→ワープ」と同じです。効果をかけた後はメッシュと同じでアンカーや面を選択して微調整なども出来ます。

以前、ワープ効果を使ってドラクエ風ロゴを作ってみたので合わせてご覧ください。

最前面オブジェクトで作成

この機能は便利です。

たとえば以下のオブジェクトがあったとします。

白マドに右のオブジェクトをはめ込みたいとします。

まず前提として白マドを画像より上に配置しておきましょう。両方選択し、「オブジェクト→エンベロープ→最前面のオブジェクトで作成」を選択します。

すると、以下の画像ように前面オブジェクトの形に変形して画像がはめ込まれました。

遠近法など考える必要がなく型にはまってくれるので大変便利です。

とうぜん、他の作成方法と同じでこの状態で修正を加えることも出来ます。

嵌め込み合成として記事にもしていますので読んでみてください。

注意点

型と形が複雑だと変形がうまく行かないので注意してください。星のカタチは全然だめですね。マルも奇麗に円になっていません。

カタチは似ているもので
スポンサーリンク

まとめ

画像はツールバーの自由変形ツールでは形を変える事はが出来ませんが、エンベロープを使うと自由に変形出来ます。

ただ、アンカーの扱い方が通常と違いすこし難しいので気をつけましょう。

こちらの機能は画像だけでなく通常のパスオブジェクトにも使えますので色々試してみましょう。

イラレの変形ツールは多岐にわたります。

以下も参照し、参考にしてみてください。

それでは、よきデザインライフを。

WordPressでブログを始めるなら私も使っているエックスサーバー がオススメです。

ワードプレスをインストールした状態で契約できるので導入がとても簡単便利です。

高い品質を誇るレンタルサーバーサービスを、 手ごろな料金でご利用いただくことが可能です。高速サーバー・充実の多機能・高い安定性できっと満足出来ますよ。

詳しく記事にしていますので良かったらあわせてどうぞ。

コメント