イラレで袋文字の隙間を埋める。アウトライン後もキレイに【Tips】

袋文字のスキマを埋める Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、今回はIllustratorで袋文字の隙間を埋めます。

下の画像のように袋文字にした時に文字間や行間、「O」などの丸の中をキレイに埋めてくれます。

この処理をしないと下の画像のようになってしまい一々パスを下に敷いて埋めた事ありませんか。

そんな手間を文字の打ち変えが出来る状態で自動で埋めてくれるようになるので見ていきましょう。

スポンサーリンク

イラレで袋文字の隙間を埋める

パスのオフセット

こんかいは、パスのオフセットを使っていきます。アピアランスパレットでテキストの塗りと線の色を無しにします。

そのあと、塗りを二つ追加して下の塗りには袋文字のフチになる色を入れておきましょう。

フチになる塗りを選択して、「効果→パス→パスのオフセット」をえらびます。

線の太さとなるオフセットを3mm、角の形状:ラウンドをえらびます。

ラウンドは角Rになります。数値は任意で決めてください。

つぎに同じ塗りを選択した状態で、「効果→パスファインダー→分割」をえらびます。

アピアランスパレットに現れた分割をクリックしてオプションを表示します。

下のほうにある「分割およびアウトライン時に塗りのないアートワークを削除」のチェックをはずします。

すると塗りが重なって袋小路のマドが出来ている部分が塗りつぶされました。

アウトライン後もキレイに

最後に、アピアランスを分割拡張したときにパスが増えすぎないようにしておきましょう。

同じ塗りを選択して「効果→パスファインダー→追加」を選びます。

ダイアログが出るので「新規効果を適用」をクリック。

アピアランスで「追加」が一番下になっていることを確認します。一番下でないと効果が適用されません。

「追加」を適用しておくとアピアランスを分割・拡張したときに、パスがシンプルになります。していないとフチのパスが、文字ごとになってしまいデータが重くなったり見た目にわかりづらいデータになってしまいます。

やっておきましょう。データの入稿時などに煩雑にならずにすみます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか、テキストの打ち変えができるのでフォントの変更なども簡単に行えます。

うまく埋まらない時は文字間や行間を調整して、埋まるように調整も出来るので汎用性のあるデータが出来上がりました。

みなさんも挑戦してみてください。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

コメント