AcrobatでPDFの修正ができる!テキスト修正から画像まで

pdfを編集しよう Adobe Acrobat
スポンサーリンク

こんにちはグラフィックデザイナーのyoen(@yoen)です。

仕事でクライアントからpdfしかデータをもらえなかった時とかに役に立ちます。

pdfしかくれなかったくせに文字修正や色の変更を頼まれたことありませんか?その度に無理やりイラレで開いたりイラレに配置して無理やり切り貼りしたり・・・・なんてことある人多いのではないでしょうか。

ここで紹介する方法は上手くAdobe製品と連携して綺麗に編集で出てしまう方法です。

文字を一文字修正したり帯の色を変えたり、画像を差し替えたりとあらゆることがAcrobatを通じでpdfの編集が可能です。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

AcrobatでPDFの修正ができる!テキスト修正から画像まで

今回の条件としては以下のことが挙げられます。条件さえ整っていれば十分仕事にも対応できる機能です。

Adobe CCが入っていることが条件となります。他の編集ソフトでも可能かとは思いますが当方で検証できていないので気になった方は試してみて下さい。

文字の編集に関しては埋め込まれたフォントが自分の環境になければフォントが置き換わってしまうので注意しましょう。

複雑なpdfだと難しい場合がある。

文字の修正

表示→ツール→PDFを編集→開くで編集ツールを表示できます。

基本ここで今回ご紹介するすべてのことができます。

ツールを出した瞬間に編集できる状態になります。

文字の上にカーソルを持っていくとイラレやインデザインなどと同じように編集できるようになるので選択して文字を打ち直してみましょう。

どうでしょうか上手くできましたか?

そのほかにもAcrobat上でもテキストを追加したりイラレやインデザインで出来る簡単なテキスト編集などにも対応しています。

背景が複雑だったりpdfの書き出し条件次第では文字が画像化されてしまっているものもあります。そういったところは編集できませんので理解しておきましょう。

色の変更

色の変更自体はAcrobatではできませんがAdobeのその他のソフトがあれば可能になります。

作業したいオブジェクトを選択して以下の項目でアプリケーションを選択してあげます。

編集ツールの中のオブジェクトの中に編集に使用するツールがありますのでクリックしてアプリケーションを指定して開くを選択しましょう。

上手くいけば以下のようにイラレで選択したオブジェクトを開くことができます。

あとはイラレで出来ることは全てできます。ここでは色を変えるだけにしておきます。

編集が終わったらそのまま保存して閉じてください。

アクロバットに戻ると色が変わっているのがわかると思います。今回は変な色になってしまいました・・・・・

オブジェクトもテキストと同じでpdf書き出し条件でイラレのパスとして編集できなかったりします。ですがこの機能はたとえパワポなどオフィス系のソフトで作られたpdfでもイラレで編集できてしまうところに魅力があります。

画像関連

画像でもさまざまなことが可能です。

先ほどのオブジェクトのパネルからPhotoshopを選び、画像補正をしたり、パレットから画像の置き換え、回転・トリミングなどさまざまなことが可能です。

元データがなくても編集可能なのは大変魅力的ですね。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか。

元データがもらえなくて焦ることなかれ!少しでも出来ることをやってクライアントの期待に応えましょう。

ですが、、、一番怖いのはpdfで修正した後に「やっぱり元データあったよ」と持って来られることですね・・・・。

これからも役に立つ情報を発信していきます。

よろしくお願いします。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

実際に購入しそのプロセスも公開しています。気になった方は一読ください。

Adobe Acrobat
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント