iOS14.5がキタ!「Apple Watch で Face ID」iPhoneがマスク姿でロック解除可能に!

マスクを着けたままiPhoneのロックを解除 Apple
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoenです。

今回はマスク姿でiPhoneのロックを解除できるアップデートがついに来たので設定方法をご紹介したいと思います。

iPhoneとApple Watch両方のOSを最新のものにアップデートするとApple Watchを身につけている場合にマスクをつけている状態でもiPhoneのロックが解除できるようになります。

Apple Watchがないと機能しませんがそれでもマスク姿のままiPhoneのロックが解除できるのは大変ありがたいですよね。

ポイントアプリやPay系のアプリを立ち上げるときに面倒でしたがこれで解消です。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

「Apple Watch で Face ID」iPhoneがマスク姿でロック解除可能に!

アップデート

まずはiOSとWatchOSのアップデートをしなければなりません。

iOS→WatchOSの順にアップデートしましょう。

14.5インストール

watchOSから始めようとすると下のアラートに出くわすことになりますよ。

iOSを先にアップデート

設定

無事両方のOSをインストールできたら設定をみていきましょう。

アップデートが終わってもこの機能はデフォルトでOFFになっているので気をつけて下さい。

それでは設定して行きます。設定アプリからFace IDとパスコードを選びます。

Face IDとパスコードの中にApple Watchでロック解除の項目があります。その下に「〇〇のApple Watch」と自分のApple Watchの名前があるのでその横のボタンをオンにします。

すると機能の説明が表示されるので読んでおきましょう。

よければオンを押します。

一つ注意が必要です。オンにするにはApple Watchを装着しておく必要があります。とりあえず設定だけオンにとはいかないので注意して下さい。

これで設定は終わりです。

マスクしたままログインができたらApple Watchに以下のような画面が表示されているでしょう。

注意点

マスクを着けたままロック解除は大変便利ですが一つだけ注意しておきましょう。

ロック解除が設定されたiPhoneと装着されたApple Watchが揃っている状態で他人がマスク姿で自分のiPhoneを見た場合にはロックが解除されてしまいます。

顔は関係なくなってしまうので注意して下さい。

ちなみに条件が整った状態で他人に鼻からしたを手で隠して自分のiPhoneを見てもらいましたがもちろんログインできてしまいました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いずれにしてもこのコロナ禍でマスク必須の世の中で大変便利な機能が追加されました。

Appleありがとう。

それではよきアップルライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

Appleひとりごと
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント