イラレで寸法線を作る簡単な方法

寸法線を作ろう-デザイナーのひとりごと Adobe illustrator
スポンサーリンク

今回はイラレで寸法を表記するときに使う線の作り方です。とっても簡単で便利ですので覚えてかえってください。

スポンサーリンク

イラレで寸法線を作る簡単な方法

左右の縦棒を作る

任意の線を引きアピアランスで線を2つ用意しておきます。1本は左右の端の線になりますので任意の高さまで線を太らせます。ほかは同じ幅で大丈夫です。

画像では3つの線がありますが、線の数は2つで大丈夫です。左右の端の線と矢印の線の2本です。

太らせた線を選択して破線にチェックを入れます。あと、左右の端に線が来るように赤枠の中は右側にチェックを入れておきます。

線分はベースとなる線幅2ptの2倍の数字、間隔がポイントなのですが、あり得ない数字(笑)を入れてください。ようは、そこまでは伸ばさないと思う数字です。わたしは1000ptとしました。

これで伸ばしたり角度を付けても追従する縦線が出来ました。あとは残りの一つの線を選択して左右に矢印を設定して上げます。

矢印を追加

これで寸法線ができました。あとはこれをグラフィクスタイルに登録してあげればいつでもこの寸法線は使えます。

ちなみに四角にこのグラフィクスタイルを適用すると以下のようになります。不思議なフレームが出来上がりました。

スポンサーリンク

まとめ

破線の部分は裏技的になってしまってあれですが、普通に使えますのでぜひ登録して使ってみてください。もっといい方法があると思いますが、私のはここまでです。

それでは、よきデザインライフを。

コメント