音の良し悪しがわからない人のAirPods Pro MWP22J/A【レビューと使い方】

airpodspro-top Apple
スポンサーリンク

こんにちは、今回はAirPodsProの使い方とレビューをしてみたいと思います。

私自身は音にこだわりがありません。と言うか、わかりません。

わかるのは低音がズンズンするかしないか程度です。後、耳の形状が悪いのか普通のイヤホンは必ず外れてしまいます。iPhone付属のイヤフォンは絶対外れます。

そんな折、AirPodsがカナル式になるとのことでぜひ購入したいと思い、今回思い切りましたので一つレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

AirPods Proの使い方

ノイズキャンセリング

なんと言ってもノイズキャンセリングの機能です。

買ってしばらくは意味もなくノイキャンのONとOFFを繰り返し楽しんでいたものです。

地下鉄の通勤時にAmazonプライムで映像を見ていても電車の音が気になることなく映画などを楽しめます。

外部取り込みモード

こちらは逆に外部の環境音を取り込んでくれる機能です。

よく聞こえるのでイヤホンを付けているのを忘れるくらいとよく言われていますが・・・忘れはしません。しませんが確かに自然な感じでよく聞こえます。

AirPods Pro
提供:apple

バッテリー

通勤時の往復、お昼休み、プラス1日1時間くらいの視聴で4、5日はケースの充電をしなくても大丈夫な感じ。

正確には

AirPods Pro
1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間)
1回の充電で最大3.5時間の連続通話時間
AirPods Pro with Wireless Charging Case
18時間以上の連続通話時間
充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間

引用:apple

と、なっていますのであくまで体感的にはと言う事です。

ケース

ケースはとてもコンパクトでジーパンの前ポケットに入れても邪魔になりません。

Appleらしくシンプルでおしゃれなケースですので男女問わず持っていておかしくないデザインだと思います。

インイヤーヘッドフォン

カナル式イヤフォンです。

ただ空気が抜けるように設計されているので装着した時に一度だけプスッと空気が抜ける音がしますが、その後は外すまで音が篭るようなことや圧迫感などを感じませんのでカナル式の感じが嫌だった人も試してみるはアリですよ。

yoen
yoen

ちなみに私の耳は結構特殊なのか付属のチップの一番小さいやつでも2ヶ月に1度くらいはニュルッと出てきてしまいます。私の耳の中はどちらかと言うと湿っている方なのでそのせいだと思います。ですので定期的に耳に押し込む動作が癖になりました。

コントロール

音楽再生は感圧センサーを一度押し、次の曲はダブルクリック、前の曲でトリプルクリックです。

ノイキャンと、外部音取り込みは、長押しで交互に切り替わります。

残念なことに音量調節はAirPods Proには機能としてありませんのでiPhoneのサイドボタン等の音量調節かSiriに頼むしかありません。

ここでApple Watchを持っている人は朗報です。音楽や映画などを再生中はApple Watchのクラウンが音量調節に対応してくれますので便利です。

スポンサーリンク

レビュー

最後に使ってみた感想です。

音・音質

音質といってもよく分からないので分かる範囲で言うと、とてもフラットだと思います。

高音も低音もどちらかが主張する事無く音が楽しめると思います。

あとは、Amazonプライムで映画などを見ていて飛行機が左から右に飛んでいく時など音も映像に追随して聞こえるサラウンドと言うんでしょうか、音が立体的に聞こえるので迫力があります。

iPhoneとの連携

接続したいiPhoneのそばでケースを開けるとiPhone側で設定が始まります。

終わると後は、 AirPodsを装着するだけで接続されるようになります。外すと切れるので電源ONOFFの手間が要らないのが良いですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。全般的に質は非常に高いと思います。完全ワイヤレスは少し怖かったですが、使用感は満足しています。金額以上の体験は出来ると思いますよ。

ノイキャンが素晴らしい
条件によっては音源が3Dに聞こえる
パッテリー持ちは良い
アップル製品との連携が良い

音量調整ボタンが無い
耳から落ちないようにちょくちょく押し付ける習慣がついた。

それでは、良きミュージックライフを。

コメント