Apple Watchでキャッシュレスにして良かったこと【Tips】

Apple
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、今回はアップルウォッチのお話です。

私が無類のApple好きなので買うのは当然なのですが、以前は普通に時計として使っていました。キャッスレスに出会うまでは。。。
ここでは以前のシリーズとの違いや新しい機能、セルラーとGPSはどう違うかなどは他の優秀なブロガー様達が詳細に説明してくれているので省きます。

ここでお話ししたいのはApple Watchでキャッシュレスになった。と言うお話しです。

スポンサーリンク

Apple Watchでキャッシュレスにして良かったこと

少し前までは40年以上のガチガチの現金派でした。

iPhoneでApple Payが使えるのも知っていたし、登録できるクレカも持っていたのに。単純にお金の管理が出来ないと自分で思っていました。銀行からいつお金が無くなるの?てな感じですね。

そんな時に一枚、新しいクレカを作ることになりネットで「どこが良いか」とか「ポイントは〜」とか色々調べていたらどうもクレカを使わないことにはポイントも何もないぞと。

当たり前ですね。それからまた使い方を調べていったらApple Payにたどり着きました。

スポンサーリンク

Apple Payに登録

登録は簡単でWalletアプリでクレカを写真にとるだけです。

撮った後は少しステップはありますが、すぐに始められます。その後Apple WatchでWalletを見るとWatch上でも使うか聞いてくるのでOKにするとすぐに反映してくれます。

後は使う時にサイドボタンをダブルクリックするだけでメインに選んでいるクレカがアクティブになります。これだけ、簡単ですね。

恐る恐る使っていたのでしばらくは上でも書いたように「いつ引き落とされるの?」「銀行にお金入ってるっけ?」などなど気にしていましたが、数ヶ月経つにつれ気にならなくなりました。

要は慣れてきたんですね。でも引き落とし日にお金が入っていないとあれなので金額不足だけは気をつけてください。

スポンサーリンク

Apple Watch

生活が変わったのが実感できることが増えてきました。

まず、財布を出さなくなりました。キャッスレス生活を始めてから財布を忘れて家を出た時があったのですが、問題なく1日を過ごすことができました。今度の財布は小銭入れが無いものを選ぼうと思ってます。

Apple Watchが時計からお財布になりました。まあ、時間も見ますけど財布の時間が圧倒的に増えました。

最近のご時世、人や物の接触機会を圧倒的に減らしてくれます。

yoen
yoen

私は右手に着けて使ってます。左手は手首が痛くなったので反対の腕にしました。文字盤も設定一つで右手用にできるので便利。改札やお店でApple Watchをかざすときも何かと右手の方が便利です。

その他のいいところ

交通系ICが便利らしい。

これは今度PASMOがApple Payに対応するので対応したら体験してブログに書きたいと思います。

話しかけられることが増えた

コミュニケーションの機会が増えます。デザイナーたるもの人とのコミュニケーションもだいじです。軽い話題作りにはもってこいのガジェットです。

iPhoneを操作する頻度が減った

メールやラインなどは今すぐ確認しなくても良い情報もたくさんありますよね。

今まではその都度iPhoneを立ち上げて確認していましたが、Apple Watchで情報の取捨選択を行うことができるので必要な時だけiPhoneを立ち上げるようになりました。

ナイキモデル

ナイキモデルは文字盤が他の通常モデルより多くてお得です。これはApple Storeの人に教えてもらいました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Apple Pay以外でも健康管理やワークアウトの管理・通話など、たくさん良いことはあるのでしっかりリサーチして自分なりのポイントを探してみてください。

それでは、よきAppleライフを。

コメント