イラレの「補色」「反転」「カラー反転」で色の違いを比較【Tips】

色変換 Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoenです。

今回は、デザインをしているとよく補色を使ってカラーコントロールをしたりしますが、イラレには3種類の似たような機能があるのでどれを使ったら良いかまよいがちです。

そこで、この3つの機能を数種類の色で実際にどう変化するのか見てみましょう。

機能を理解することでカラーコントロールを覚え、思い通りの配色をすることができるようになりますよ。

ぜひ覚えて帰ってください。

それでは見ていきましょう。

改訂:2021/11/7

スポンサーリンク

イラレの「補色」「反転」「カラー反転」で色の違いを比較

似たような機能でわかりづらいのでこれから説明していきますが私の結論はカラー反転を使っておけば大丈夫です。

ではそれぞれ説明していきましょう。

「反転」と「補色」とは

反転と補色の違いは微妙ですが算出方法がそれぞれ違うみたいです。Adobeのサイトに載っていました。それが下記になります。

反転
カラーの各構成要素をカラースケール上の反対側の値に変更します。例えば、RGB カラーの R の値が 100 の場合に反転コマンドを実行すると、R の値は 155 に変更されます(255 – 100 = 155)。

補色
カラーの各構成要素を、選択したカラーの最大の RGB 値と最小の RGB 値の合計を元にして、新しい値に変更します。現在のカラーの RGB 値のうち最大と最小の値が合計され、その値から各構成要素の値を引いて、新しい RGB 値が生成されます。例えば、RGB 値がレッド 102、グリーン 153、ブルー 51 であるカラーを選択したとします。この場合、まず最大値である 153 と最小値である 51 を合計して 204 という値が算出されます。この値から既存のカラーの RGB 値がそれぞれ差し引かれます。つまり、新しいレッドの値は 204 – 102(現在のレッドの値)= 102、グリーンの値は 204 – 153(現在のグリーンの値)= 51、ブルーの値は 204 – 51(現在のブルーの値)= 153 となり、新しい補色の RGB 値が生成されます。

adobe カラーの反転色または補色への変更

と、なっていました・・・・わけがわかりませんね。

補色とは色相環(しきそうかん)と言われてる円の形をしたしたもので、任意の色の正反対にある色が「補色」と言われます。イラレの「反転」も大きな括りで同じだと思って大丈夫です。

以下の記事に色相環について書いています。目次から「配色の予備知識」の項目を見てください。

ではイラレで実際に見ていきましょう。

補色

補色の機能は上記にも書きましたが、色相環の図の通り変化します。ちなみに黒や白は無彩色と言われています。無彩色には補色はありませんので黒は黒のままです

変換後のCMYK値は綺麗な数字になりませんので気になる方は修正が必要でしょう。

上の列が元の色/下の列が補色を適用後の色

反転とカラー反転

反転とカラー反転の違いは複数のオブジェクトをまとめて選択出来るかそうでないかの違いだけです。

同じカラー設定のオブジェクトを選択していれば反転でも複数選択できますが異なった色を選択している場合はカラー反転でなければ反転できません。

カラー反転が複数オブジェクトに対応しています。

違いはほぼありませんが、黒の反転は違いが出てしまっています。

反転は薄い色がついてしまいますがカラー反転は白になります。

カラー反転は、編集→カラーを編集→カラー反転にあります。

カラー反転

モード変換に注意

ドキュメントのカラーモードをCMYKからRGB(逆も然り)に変換して作業すると色の値が変になってしまうので途中でモードを変換するのは避けましょう。

スポンサーリンク

まとめ

Adobeの説明にもあるとおり計算はRGBで行われていますので色の値が細かくなってしまうので気になる方は後から修正が必要になってしまいますが反転により捕食を導き出せるのはありがたいですね。

正確に補色を選びたい場合はオブジェクトを一つづつ選んで補色を選択する必要がありますがほとんど変化はありませんのでカラー反転でいいのではないでしょうか。

逆に、黒を白にしたいのであればカラー反転を選ぶしかありませんね。

特性を覚えて9回分けてください。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

コメント