ワードプレスでユーザー(投稿者・編集者)を追加しよう

ユーザーの追加 ワードプレス
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoenです。

今回はワードプレスでユーザーの登録方法を見ていきます。

ユーザーとは記事の執筆をお願いしていたりブログのデザインを他の人にやってもらっていたりする時にユーザーとして登録してそれぞれの権限を与えて作業してもらう人たちのことです。

分業で運営したい方などは必須の設定ですので覚えておきましょう。

それではいきます。

スポンサーリンク

ワードプレスでユーザー(投稿者・編集者)を追加しよう

ユーザー

画面左側のユーザーを選びます。

現状登録されているユーザーの一覧が表示されます。

新規で追加したい場合は左上の新規追加を押します。

以下の赤線の部分は必須ですので必ず入力・選択しましょう。

今回の登録までの流れ出は上記にあるパスワードは使わないので気にする必要はありません。

権限グループは5つ用意されています。それぞれ以下のように権限が分かれていますので目的に合わせて選びましょう。

購読者ユーザーの事
寄稿者記事の作成・投稿・管理はできるが公開・ファイルのアップロードは出来ない
投稿者記事の作成・投稿・管理・公開はできるがファイルのアップロードは出来ない
編集者自身や他のユーザーの記事に関する作成・投稿・管理・公開・アップロードができる
管理者上記を含む全ての機能に権限がある

権限グループを選んだら新規ユーザーを追加を押して決定します。

設定後から登録までの流れ

すると登録したメールアドレスにパスワードを変更する旨のメールが届きますのでメールに記載のアドレスにアクセスします。

ユーザー名を入れた後に新しいパスワードを設定しOKしたら登録の完了です。

権限に従ったツールだけが表示され、ワードプレスを使うことができるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

執筆を第3者に頼むときなどに活用したですね。

運営をスムーズに進めるための便利な機能ですので是非活用してみてはいかがでしょうか。

それでは、よきブログライフを。

WordPressでブログを始めるなら私も使っているエックスサーバー がオススメです。

ワードプレスをインストールした状態で契約できるので導入がとても簡単便利です。

高い品質を誇るレンタルサーバーサービスを、 手ごろな料金でご利用いただくことが可能です。高速サーバー・充実の多機能・高い安定性できっと満足出来ますよ。

詳しく記事にしていますので良かったらあわせてどうぞ。

ワードプレス
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント