特色2色(ダブルトーン)でデザインする時の注意点【Design】

2色データ Designer
スポンサーリンク

こんにちは、今回は2色でデザインです。昨今、あまり見かけなくなりましたが特色2色でデザインする時の注意点を見ていきましょう。

いまでも名刺とかはあるんでしょうか。私の周りではあまり見かけなくなりました。

単色に見せるデザインはよく見かけますが、昔はお金をかけたくない、でも見た目は良くしたいとクライアントさんの要望があると2色での提案とかありましたけどね。

スポンサーリンク

特色2色(ダブルトーン)でデザインする時の注意点

作りました。今回は、ブログの記事をDIC556(グレー)DIC204(オレンジ)で作っています。

DIC556の方はコストを下げたいのであればKで代用しても良いと思います。

作り方のポイントはPhotoshopでの画像の処理とIllustrator上でのカラーチップでしょうか。では見ていきましょう。

上記のチラシの内容が気になった方はこちらから

画像の処理

ここではPhotoshopで2色データを作成します。

始めに使用する画像をイメージ→モード→グレースケールに変換します。そして今度はイメージ→モード→ダブルトーンに変換します。すると、

場所
グレースケールにしないとダブルトーンは選べません

ダブルトーンオプションのダイアログで出てきますので調整します。

種類からダブルトーン(2版)を選ぶ
インキ1インキ2を選択してDICを選択
色味を調整したければインキ1:と書いてる右隣のトーンカーブマークをクリックして調整
出来たらOKしてPSDで保存


これで完成。

ダブルトーン

イラレで作業

今作成した画像をイラレに貼付けて作業していきましょう。

ここでは徹底的にDICの選んだ色だけを使っていきます。間違えると印刷されないので十分注意して下さい。

ちなみに2色にした画像をイラレに配置すると便利な事にイラレのスウォッチにそのカラーチップが登録されて便利です。

グラデーション

いつもと一緒ですが、間違いなく使っている色だけで作業してください。

昔はグラデーションに単色同士を設定するとCMYKに分解されてしまっていたので使えませんでした。

グラデーション

ドロップシャドウ

ドロップシャドウも必ずDICを選んでください。

そのままCMYKでやるとドロップシャドウ効果が無くなってしまいます。

選択ミスに注意
特色を選ぶ

2色を掛け合わせて濃い色を作ろう

2色印刷の定番表現です。

掛け合わせの種類によっていは黒に見えまるので、まるで3色使っている様に感じます。アピアランスで塗りを増やして上になった塗りの透明効果を「乗算」に設定してあげてください。

そうすると2色がかけ合わさって濃い色が出来上がります。

掛け合わせ
掛け合わせると濃くなる

以上で、イラレでの注意点はおしまいです。簡単でしたね、なんにせよ一番気をつけなければ習いのは

決めた色(DICやパントーンなど)をイラレ上で間違いなく使う

です。

スポンサーリンク

2色でデザインされているかPDFで確認してみよう

最後は確認方法です。間違いなく2色で作られているか自分で確認してみましょう。

印刷用のpdfを作成します。X-1aで良いと思います。PDFをAcrobatで開いたら、ツール→印刷工程→出力プレビューと選択します。ウィンドウ内に特色の名前があったらひとまず成功。

あとはプレビューの中の特色のチェックを全て外して画面に何も表示されなかったら、「おめでとうございます。2色データのかんせいです。」以下は各特色の分版状態の画像です。

何も無かったら成功
おめでとう
分版01
DIC556の版
分版02
DIC204の版
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

特色2色や4色+特色などグラフィックデザイナーをやっていると出てくる案件だと思いますので覚えておくと良いでしょう。

では、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

コメント