イラレの分版プレビューの使い方【DTPオペレーター】

分版プレビュー DTP
スポンサーリンク

DTPオペレーター

データの入稿前に特色が使われていないかイラレで各版のプレビューができます。

ちなみに分版プレビューはドキュメントのカラーモードがRGBだと機能しません。

DTPオペレーターとしては覚えておきましょう。入稿用PDFにした後に見つけるとショックですからね。

スポンサーリンク

イラレの分版プレビューの使い方【DTPオペレーター】

分版プレビューの場所は「ウインドウ→分版プレビュー」です。

こちらのパレットが表示されます。オーバープリントプレビューにチェックを入れましょう。

このビジュアルだとCMYKのみ使われていることが分かります。

これに任意で特色を入れてみましょう。今回はDIC556を使ってみます。すると分版プレビューにDIC556が追加されていることがわかります。

目玉マークをクリックして各版を消してみましょう。

各版をチェックする

CYKの版を消してみました。するとM版とDIC556のみが表示されます。このように意図しない所に色が使われていないかチェックすることが出来ます。

たとえば、プロセス4cの印刷の場合はDIC556がエラーになるのでDICの部分だけを突き止め4cに変換しましょう。

スポンサーリンク

注意点

注意点

ドキュメントのカラーモードがRGBのときは意味がない。

特色だけを使っているデータでもCMYKは分版プレビューに表示されるので注意が必要です。その場合は逆に、特色(DIC)の目玉アイコンをクリックして非表示にし、4c版が使われていないかチェックすることが出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか、事前にチェックしておくとPDFでプリフライトチェックをかけたときにカラーに関しては安心することが出来ます。

DTPオペレーターやグラフィックデザイナーにも便利な機能ですので使ってみてください。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

Adobe illustratorDTP
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント