イラストやオブジェクトにフチをつける方法【カットパス】

白フチやカットパスの作り方 Adobe illustrator
スポンサーリンク

グラフィックデザイナー DTPオペレーター

こんにちは、yoenです。今回はイラストやオブジェクトに白フチを付ける方法です。

イラストに白フチを付けて装飾としてポップにしたり、等身大ポップでのカットパスの作り方や注意点を見ていきましょう。

スポンサーリンク

イラストやオブジェクトにフチをつける方法【カットパス】

素材としてのカットパス

今回はイラストACさんからイラストをお借りしました。白フチを付けてポップな感じにしてみたいと思います。

いつもありがとうございます

イラストの全てのパスを選択しグループ化しておきます。⌘+G次にアピアランスで線を追加して一番下に持っていきます。

線を選択して「効果→パス→パスのオフセット」を選択します。設定は以下を参照してください。この状態だとまだパスがぐちゃぐちゃです。

つぎに、線に対して「効果→パスファインダー→追加」を設定すると以下のようにアウトラインだけがのこります。

フチの部分を塗りつぶしたければ【塗り】を白にしてアピアランスの「オフセット」と「追加」を加え、線より下に持ってくるとフチの部分が白に塗りつぶされます。

等身大パネルのカットパス

つぎに等身大パネルの場合を見ていきます。

等身大パネルは角が内側に鋭角だとカット出来ませんので少し手を加えていきます。オブジェクトを選択して「アピアランスを分割」で塗りと線を分割させましょう。

ここから外周を加工していきます。等身大パネルは下の部分が上部よりも細くては不安定なので下の図の赤い部分を埋めてアウトラインを作ります。

あとは、鋭角な部分を手作業で修正して出来上がりです。

等身大に関しては現場の指示に従って作業してください。場所によって指示は変わってくると思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか、フチを作るのにオフセットと追加、この2つを覚えておけば完璧ですね。アピアランスは使い方が無限大なので色々試してみてください。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

コメント