アドセンスから注意されたのでads.txtをエックスサーバーで設定してみた

adsテキストの設置 AdSense
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoenです。

ブログを始めてアドセンスの広告を設置できるようになってからしばらくするとアドセンスから「キミのサイトはads.txtが設定されていないよ。設定していないとなりすまされて収入が減っちゃうよ。」と、注意分がきました。

シローとには訳がわかりませんが減っちゃうならads.txtとやらを設定しなければなるまい。と調べ始めたら私の使っているエックスサーバー の管理画面でads.txtの設定項目があったので助かりました。

今回はのそ設定手順を見ていこうと思います。

スポンサーリンク

アドセンスから注意されたのでads.txtを設定してみた

なお、こちらの設定は必須ではないようなのですが、Googleのアドセンスに警告文が出続けてしまうので設定してしまう方がいいでしょう。

エックスサーバーの管理画面へ

管理画面に入ったら項目の下の方ホームページの項目の一番下にads.txt設定とあるのでそこをクリックします。

ads.txt.設定

次に設定追加を選んで設定していきます。

上から順に
【広告システム】は「google.com」を入力します。
【サイト運営者ID】は「pub-と16桁のコード」を入力します。場所はアドセンスにログイン後、「アカウント→アカウント情報」と進むとサイト運営者 IDが出てきますのでコピペして下さい。
【契約種別】はご自身が管理者であれば「DIRECT」を選びましょう。
【認証機関ID】は「f08c47fec0942fa0」を入力して下さい。
※あくまでもエックスサーバーでの設定方法です。

全て入力できたら「確認画面へ進む」を押して内容を確認したら「追加する」を選びます。

無事に設定が完了しました。簡単です。設置後反映されるまでに1ヶ月かかる場合もあるそうなので気長に待ちましょう。私も実際2週間くらい経ってから注意の書きが消えました。

スポンサーリンク

まとめ

こうやってサーバー側で場所を用意してくれていると大変助かりますね。自分でやっていたらどれだけかかっていたことかエックスサーバー さんありがとうございます。

あとは広告収入を得るだけだな・・・・・

それでは、よきブログライフを。

WordPressでブログを始めるなら私も使っているエックスサーバー がオススメです。

ワードプレスをインストールした状態で契約できるので導入がとても簡単便利です。

高い品質を誇るレンタルサーバーサービスを、 手ごろな料金でご利用いただくことが可能です。高速サーバー・充実の多機能・高い安定性できっと満足出来ますよ。

詳しく記事にしていますので良かったらあわせてどうぞ。

AdSense
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント