レイヤーの小技。コピー元のレイヤーにペースト【DTPオペレーター】

コピー元のレイヤーにペーストのトップ DTP
スポンサーリンク

DTPオペレーター

こんにちは、今回はレイヤーの小技です。

作成時、以前のデータからパーツとしてオブジェクトを持ってきたい、でも構造が複雑なのでレイヤーを保持した状態がいい。

そんなときに知ってると便利な小技を一つご紹介します。

スポンサーリンク

コピー元のレイヤーにペースト【DTPオペレーター】

通常は複数レイヤーのオブジェクトをいっぺんにコピペすると一つのレイヤーにまとまってしまいます。

パーツをコピペするときに複数のレイヤー情報を保持したままコピペできる嬉しい小技です。

まずは、レイヤーのプルダウンメニューから「コピー元のレイヤーにペースト」を選んでチェックしておきましょう。

それでは「レイヤー元の位置.ai」のオブジェクトを新規ファイルにコピペしてみましょう。

どうでしょうか。コピーしたオブジェクトのレイヤーを引き継いだ状態で新しいファイルにコピーされました。

オブジェクトの関係性を崩さないので作業が楽になります。

同一ファイル内でもこの機能は有効です。コピペしても一つのレイヤーにまとまりません。

こんなとき便利

フォーマットが決まっている枠組みで流用が多い場合はレイヤーとごに商品をABCと分けておいて必要なデータをこの機能を使ってコピペすればレイヤーを商品ごとに管理しておけるので便利です。

他のレイヤーにあやまってペーストしてしまうのを防げます。

注意点

他のレイヤーにペースト出来ないので当然、違うレイヤーにペースト出来ません。他のレイヤーにペーストしたい時は、この機能のチェックを外さないと行けないので注意して下さい。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。わたしは、この機能で商品管理をしていました。これがなかったらと思うと恐ろしいです。

レイヤー管理の考え方も記事にしていますので読んでみてください。

それでは、よきDTPライフを。

Adobe illustratorDTP
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント