イラレでオブジェクトの整列が上手くいかない時の対処法

整列 Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoenです。

こんにちは、今回は「整列」です。

ドロップシャドウなどを適用したオブジェクトが揃ってくれなくてイライラした事ありませんか?

整列のちょっとしたTipsをお話ししたいと思います。

よく使っている機能だと思いますのでおさらいもかねてご紹介していきたいと思います。

それではいきましょう。

スポンサーリンク

オブジェクトの整列が上手くいかない時の対処法

まずは、基本的な整列パネルの使い方をご紹介します。

3つの整列方法

【選択範囲に整列】【キーオブフェクトに整列】【アートボードに整列】です。

それぞれ見ていきましょう。

3つの整列

選択範囲に整列

選択されたオブジェクトの範囲内で整列されます。

複数オブジェクトを選択
複数オブジェクトを選択

垂直方向中央を選択しました。オブジェクトの中央がバウンディングボックスの天地中央に揃ったことになります。

キーオブジェクトに整列

オブジェクトを複数選択した後にキーとなるオブジェクトを選択ツール(黒矢印)で選びます。

複数選択後、キーとなるオブジェクトを一度クリックするとそのオブジェクトだけ太い青い線に囲われます。

ここは、ドラッグではなくクリックしてくださいね。

選択したオブジェクトが起点となって整列されることになります。下の画像では左の赤のオブジェクトを起点としました。

赤いオブジェクトが起点
赤いオブジェクトが起点

この状態で、垂直方向上に整列を選びました。赤のオブジェクトは動かず他のオブジェクトが赤の上辺に揃いました。

赤いオブジェクトの上辺に揃った
赤いオブジェクトの上辺に揃った

アートボードに整列

アートボードがキーオブジェクトとなります。

わかりづらいですが、黒枠の内側がアートボードです。

白い背景がアートボード

オブジェクトを選択して、垂直方向下に整列を選ぶとアートボードの底辺にオブジェクトの底辺が揃いました。

アートボードを仕上がりサイズで作っている場合などセンターを取るのが非常に楽です。

底辺にそろう
底辺にそろう
スポンサーリンク

効果がかかっているオブジェクトをキレイに並べる

ここからが今回の本番です。

オブジェクトにドロップシャドウがかかっている場合など等間隔に分布を実行してもうまく揃いません。

なぜなら、ドロップシャドウ分もオブジェクトの範囲になってしまっているからです。

下の画像では等間隔に分布で左右の間隔を0mmにしているにもかかわらずオブジェクト同士がひっつきません。

選択範囲からも分かる通りドロップシャドウ分もオブジェクトの範囲に含まれてしまっているからです。

そこでウインドウ右側のプルダウンメニューから「プレビュー境界を使用」のチェエクを外してみてください。

元のオブジェクトの選択範囲になりました。ドロップシャドウを無視している状態です。

こうすることによって数値で正確に配置出来るようになります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。今までに整列でイライラしたことのある人はぜひ試してみてください。

テキストを正確に配置するやり方も記事にしていますので合わせてご覧ください。

それでは、よきデザインライフを。

WordPressでブログを始めるなら私も使っているエックスサーバー がオススメです。

ワードプレスをインストールした状態で契約できるので導入がとても簡単便利です。

高い品質を誇るレンタルサーバーサービスを、 手ごろな料金でご利用いただくことが可能です。高速サーバー・充実の多機能・高い安定性できっと満足出来ますよ。

詳しく記事にしていますので良かったらあわせてどうぞ。

Adobe illustratorDTP
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント