イラレのパターンで作る【和柄 鱗文(善逸)】

鱗文-デザイナーのひとりごと Adobe illustrator
スポンサーリンク


こんかいは、和柄シリーズ鱗文です。鬼滅の刃観賞記念第2弾です。逸柄ですね。呪いや魔除けの力を持つといわれています。カンタンですのでさくっと行きますよ。

スポンサーリンク

イラレのパターンで作る【和柄 鱗文(善逸)】

ベース作成

まず多角形ツールで三角形を作ってください。色はお好みで。

鱗

パターン登録

オブジェクトを選択した状態で「オブジェクト→パターン→作成」を選んで以下の数値で設定します。

【タイルの種類】レンガ、【レンガオフセット】1/2、その他は特に触らなくて大丈夫です。その状態で完了してください。

パターンオプション

これだけだと味気ないので善逸風にアレンジしてみましょう。幅と高さの部分で赤枠をチェックします。縦横比を固定してくれます。高さを元のサイズより大きくしてみましょう。

パターンオプション2

少し近づきました。これを「オブジェクトの再配色」で色を変えていきます。使い方は以下を参照してください。今回は白にしてください。

ぜんいつ
オブジェクトの再配色

つぎに、アピアランスで塗りを追加してパターンの下に持っていきます。その塗りをオレンジにしたらもう善逸ですね。

塗りを足す
スポンサーリンク

まとめ

鱗文

いかがでしたでしょうか。パターンの登録の仕方だけでも様々な模様が出来ますので一度作ったものも改めて並びを変えてみるとおもしろいと思います。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

コメント