イラレでフォントの縦横比を一発で元に戻す方法

文字を正体に戻す Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoen(@yoen)です。

今回はイラストレーターのちょっとした小技です。

イラレでフォントをいじっていると縦横比がめちゃくちゃになっていることってありますよね。それを一発で正体に戻すショートカットです。

通常は正体に戻すときにタテとヨコの%を一つづつ100に変更していたともいますがそのショートカットがあるんです!

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

イラレでフォントの縦横比を一発で元に戻す方法

ショートカットを覚えてしまいましょう。

⌘+shift+X

装飾などはしていません。

上記の方な感じですね。

これは高さの割合が50%になっています。これをショートカットで一気に100%に戻します。
それが、文章を洗濯した状態でショートカット⌘+shift+Xを押します。

あらびっくり

正体に戻りました。

タテとヨコの%を一括で100%に戻しますが、それ以外の文字設定は戻りません。トラッキングやカーニングなどは戻りませんので注意して下さい。

イラレショートカットは以下にまとめていますので合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

まとめ

なんてことないショートカットですが、意外に便利ですよ。

動画も作ったので合わせてみると理解が深まりますのでぜひ。

どうしても収めたいスペースに入らない時にいったんリセットしたい、なんて時に役立ちます。デザインのリセットですね。

ちなみにその他の情報はリセットされませんので、アピアランスをガンガンかけていてもそこの数値は変わりません。

何気に便利なので覚えておいて下さい。

それでは、良きデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

コメント