グラフィックデザイナーがイラレの補色を使ってカラーコントロールをする方法

補色 Designer
スポンサーリンク

こんにちは、yoenです。

こんかいはイラレの補色機能を使って色の使い方を覚えましょう。補色はお互いが反発し合う色同士なのでビビットな感じに仕上げるのに役立ちます。

また、一色入れる事によって落ち着いてみせる事も出来るので正しく使えば大変効果的ですよ。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

イラレの補色を使ってカラーコントロールをする方法

補色とは、良くある色相環(しきそうかん)と言う色の追加丸い円の対角にある色同士をさします。以下の記事の「配色の予備知識」の項目に説明していますので合わせてご覧ください。

補色

補色の場所は以下になります。

補色の場所

赤の補色は以下になります。背景が白(無彩色)だと色が映えて鮮やかですね。わたしは白が好きですね。

補色のテキスト

上記のようにはなれて使うようにすると紙面が派手になるので効果的ですが色が隣接しているとめがちかちかしてしまいます。

そこで間に無彩色を入れて緩和してみましょう。

ビビット

セパレーション

こうする事によって場の雰囲気が落ち着きを取り戻しました。これはセパレーションと言う配色で補色同士を調和させる効果があります。

セパレーション

デザインをビビットな配色で行いたい場合はこの技法を使う事でだたうるさいだけのデザインを回避できます。

セパレーションを使った配色
スポンサーリンク

まとめ

今回の配色は中々難しい色でしたがいつも使っている色でセパレーションを試してみて下さい。

無彩色の割合を増やしてみたりするときっとベストな配色が見つかると思います。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

Adobe illustratorDesigner
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント