初めて使う人のためのイラレ講座【名刺を作ろう】

名刺を作ろう Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、今回は初めてイラレを触ってみようと思った人のために記事を書いてみます。

目的がないとやりづらいのでまずは自分の名刺を作りながら覚えていきましょう。名刺にはテキスト、ロゴ、レイアウトとデザインの要素が色々含まれているので手始めには良いのではないでしょうか。

それではいきましょう。

スポンサーリンク

初めて使う人のためのイラレ講座【名刺を作ろう】

アートボード

名刺サイズのアートボードを作ります。

「ファイル→新規」を選んでください。

新規作成

今回はタテ型の名刺を作りたいのでプロファイルは「プリント」を選び、サイズは幅を55mm、高さを91mmに設定します。このサイズが一般的な名刺サイズになります。アートボードの数は今回はオモテ面のみなので1で大丈夫です。

ドキュメント

プロファイルはプリンターで出力、印刷所で印刷したい時は「プリント」、ネットに投稿してみたいなど画面上で完結する時は「Web」を選ぶと良いでしょう。そのほかはとりあえず知らなくても大丈夫です。

この状態でOKすると、アートボードが表示されます。

黒フチが付いている白い範囲が「アートボード」です。真ん中の白い部分が印刷範囲になります。

赤い線は断裁時の予備の領域みたいなものです。

画面の見方

レイアウト(デザイン)

それでは、デザインしていきましょう。

素材を用意しました。今回はロゴと会社名など基本的な情報をデザイン・レイアウトしていきます。

素材
マージン設定

まずはマージン(余白)を設定して紙面の中でレイアウトする範囲を決めましょう。

この点線の外側に重要な要素がはみ出さないようにしましょう。情報がはじにあり過ぎると読みづらくなってしまいます。

今回は天地左右5mmずつ余白をとっていますがここはお好みで大丈夫です。

点線(ガイド)の作り方は任意の場所に四角を配置し、選択した状態で「表示→ガイド→ガイドを作成」または「⌘+5」で点線になってくれます。

今回は以下のようにレイアウトしてみました。わざとロゴをデザイン的に配置してみました。それでは各要素を見ていきましょう。

完成デザイン

テキスト

テキストはツールパレットのテキストツールを選んで任意の場所でクリックし、テキストを入力またはコピペしてきます。

今回はテキスト要素は左揃えで配置することにしました。名前をセンター揃えにしたり縦書きに変えてアクセントをつけてもかまいませんでしたが目の流れが複雑になると疲れる傾向にあるので全て左揃えに統一しました。

名刺本人の情報を真ん中にまとめ伝わりやすくしました。名前は名刺としては少し大きくし、大きくした分フォントの太さをほかと会わせるために細くして統一感を出しています

屋号は覚えてもらうためにもほかより太くしていますが大きさは揃えています

ここまでのレイアウトは正直もう一工夫あると良いと思います。

テキストの配置に関しては左のガイドに沿うようにテキストを調整しています。ここを気にかけられるかもデザインのポイントになってきます。

カーニング

文章に関しては以前書いた「文章をデザインする」と言う記事も参考にしてみてください。

ブロックで考える

紙面を3つに分けることによって各情報へのアクセスを楽にしています。

面の構成

ロゴマーク

イラレの作業としてはマスク作業をしています。図の赤い四角で下のロゴをマスクします。オブジェクトを選択して「オブジェクト→クリッピングマスク→作成」または「⌘+7」をすると、マスクされました。

ロゴに関しては名刺としてはダメかも。(笑)自分の名刺と考えるとこれくらいは遊びたいと思ってやりました。
ウラ面があるならウラ面できちんと配置してあげるのも手ですね。今回ならきちんとオモテ面で配置して認識してもらった方が良いかもしれません。

マスクの付け方

はみ出しているデザインなのでマスクもしっかりとドブの部分までのばしてください。紙面ギリギリだと印刷時にズレると白が出てしまいます。

ドブまでしっかり
スポンサーリンク

色を塗ろう

今回は名刺と言うことで読んで覚えてもらいたいので文字は黒でロゴだけに色をいれますが、ロゴ色のままだと赤がきついので半調にてみます。

色調を保ったまま明度を上げていきます。やり方はカラーパレットのCMYKのうち、色が入っているバー(ここではCMY)のスライダーを「⌘」を押しながらすらスライドさせるとほかの色も同じ割合で追従します。

いかがでしょう。これで名刺のレイアウトと、デザインが出来上がりました。シンプルですが、読みやすく、伝わりやすい名刺になったのではないかと思います。

デザインとしてはもっと突き詰めたいですね。今回はこのへんで。

スポンサーリンク

まとめ

デザインはこれだけでは終わりません。実際に印刷する時の下版データの作成や印刷する紙を選ぶのもデザイナーとつとめです。

今回は自分の名刺を考えて作りましたが、仕事となると相手の職業などでデザインや紙の選定も変わってくると思いますのでデザインっておもしろいですよね。

色々と想定して名刺を作ってみるのも勉強になっていいと思いますのでまずは手を動かしてみましょう。

それでは、よきデザインライフを。

Adobe illustrator
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント