ポスターを作るときに気をつけたいたった2つのこと

ポスターデザイン-デザイナーのひとりごと Designer
スポンサーリンク

ポスターだから大きな紙面で色々な情報みんなに見てもらいたいと、思っていませんか。もちろん間違いではありませんがポスターの役割はたった2つです。

目的をハッキリ掲載する
人の目に触れさせて気を引く

ポスターは掲示物なので手に取ってみてもらえません。例えばパン屋さんの壁にアルバイト募集のポスターを掲載したいとしましょう。

そこで美味しいパンの写真をのせ、パン作りの思いや一緒に働く楽しさ、パンの料金、美味しいパンだと言うことをトクトクと書いた所でアルバイトにきてくれる人は少ないでしょう。

そこで上記2つの目的をはっきりさせたポスター作りを今回は見ていきましょう。

スポンサーリンク

ポスターを作るときに気をつけたいたった2つのこと

目的をはっきりと

パン屋さんのアルバイト募集ポスターをお店の前に掲載すると仮定して考えると掲載内容は、アルバイト募集、アルバイトの条件、連絡先、あるならwebサイトやメールアドレスなどでしょうか。

次に優先順位です。1番はアルバイト募集です。2番は時給、勤務時間。3番に勤務内容。最後に連絡方法でしょうか。

最後は掲載する写真の選定です。

人の目に触れさせて気を引く

デザインを考える前にやることはたくさんありますね。ここからデザインを考えていきましょう。

下の3つのタイトルレイアウトを見てください。一目瞭然ですね。お店の雰囲気やイメージにもよりますが、右のタイトルがA2やA1のポスターで貼ってあったら一目で気を引く事が出来ます。手に取るチラシなら真ん中の大きさくらいでも良いと思います。

左のタイトルはその他の要素がまだ色々ありそうなサイズ感です。

タイトル案

テキストメイン

とりあえず、募集メインとして右の案を採用してみましょう。

方向が決まればあとは要素を優先順位に従ってはめ込んでいきレイアウトを固めていきましょう。目に止まりさえすれば店舗前と言うことや写真でパン屋さんと言うことは分かります。

バイトを探している方にはヒットすると思います。

テキスト案ポスター

今回、色は入れていませんがパン屋のロゴやイメージカラーが存在するならその色をベースとして入れていくのが良いでしょう。色の考え方は以下を参照してください。

ビジュアルメイン

考え方としてはパン屋さんで働きたい人にフォーカスしても良いでしょう。そうするとデザインの考え方が少し変わってきます。

パン屋のイメージを前面に持ってきた案だとこんなかんじでしょうか。パンの写真をメインに、従業員の働いている姿があるとなお良いですね。

タイトルの優先順位が変わってますが十分写真に導線があるので大丈夫でしょう。週3から大丈夫だということをピックアップして働きやすさも一緒にアピールしてみました。

ビジュアル案ポスター
スポンサーリンク

作業時のポイント

一つ気をつけないといけないのがサイズ感です。

画面の中で作っているとどうしてもA4のチラシに見えてしまい、実際のサイズで見ると全体的にスカスカになってしまったり情報が全体的に大きくなってしまったりします。

そおならないように意識しながら作業してください。プリンターがあるばあいは数カ所ポイントを決めて部分的に原寸で出力してみましょう。

そうすると各ポイントの文字や写真の大きさが把握出来るので「ここは大きすぎだな。空間が出来過ぎだ。」「写真が大きすぎて画像が汚くなってる」など、気づきが出てくるのでミスを減らせます。

画像の適正解像度はこちらをごらんください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ポスター作りでの考え方や注意点を記事にしてみました。

ここに書かれたものが全ての考え方ではありませんのでたくさんのポスターを見たりして引き出しを増やしてみてください。

打ち合わせの中で方向性が出ているものなら良いですが、そう出ないなら以上のようなことを注意してデザインしていくと作るときに迷わなくてすみます。

IllustratorやPhotoshopに興味が出たら。

それでは、よきデザインライフを。

Designer
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント