知っておきたい印刷や出力の画像解像度【Photoshop】

画像解像度 Adobe Photoshop
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoen(@yoen)です。

今回は印刷や出力などに合わせた画像解像度のお話です。

パソコンの性能が飛躍的に上がって重いデータも扱いやすくなりました。ですが印刷や出力センターの現場では作業時間と直結するので軽い程たすかります。

そこで、それぞれの印刷に合わせた画像解像度のお話しを出来ればと思います。

ここで説明している画像解像度は100%の大きさで使用した時の解像度を解説しています。

イラレには関係ないと思いがちな画像解像度も設定項目があるのをご存知でしょうか。

結構大事なことですので気になった方は以下の記事もチェックしてみてください。

それではいきましょう。

スポンサーリンク

DTPオペレーターなら知っておきたい適正解像度

DTPオペレーターなら知っておきたい適正解像度

オフセット印刷

一般的な印刷方式です。

画像解像度は350dpiと言われています。

計算方法は印刷線数の2倍です。通常印刷線数は175線ですので倍の350になります。

最近は線数も上がって200線で印刷することもあります。その場合は400dpiと言いうことになります。

線数とは

印刷は細かい点で出来ています。その点が1インチの中にどれだけ並んでいるかを表しています。単純に1インチの中に175列並んでいると考えて良いでしょう。

線数が多いほど点の数が増え、点の大きさが小さくなりますので印刷はきめ細かくなり綺麗な印刷結果になります。

新聞

新聞広告の解像度は250dpi程度です。

今では高精細な印刷が可能になってきているので300〜350dpi必要な新聞社もあります。

新聞社によりまちまち。だいたい250dpi程度、300〜350dpiくらいの場合もある

新聞社でまちまち

オフセット印刷と違い新聞の解像度は新聞社ごとに違いますので確認が必要です。

技術の進歩によりオフセット並みの解像度を必要とする印刷機械などもありますが、まだまだ業界で古い印刷機を使っているところもあるので解像度はまちまちなのです。

日本新聞協会

新聞協会も存在しており、現在は新聞のPDF規格、「N-PDF」が出てきており規格統一が進んでいます。

新聞の規格は結構厄介なので別で記事にしました。

以下、協会のサイトも貼っておきます。

インクジェット

大体150dpi程度で良いと言われています。

ポスターは出力機の技術の進歩などもあり、小ロットであればコストも安く納期も早いためインクジェットで出力する場面も増えています。

何と言っても8色など多色で出力出来る物もあり大変奇麗です。

インクジェットは印刷などの解像度は必要としないのが特徴です。

大体150dpi程度

Web

Web関連は詳しくは無いのですが、画面上なので72dpi96dpiで良いと思います。

画像のピクセル数=モニターのピクセル数なので解像度は関係ありません。どんなに解像度が高くてもピクセル数が同じなら画面上は同じ見た目になります。

マックのRetinaディスプレイやスマートフォンの画面では当てはまらないかもしれません。

72dpiや96dpi

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。先にもお話しした通り、パソコンの性能が上がって重たいデータも扱えるようになっていますのでそこまで厳密に調整する必要もなくなってきました。

しかし、個々のパーツが重たければ自分の作業効率にも影響が出てきますのでしっかり確認して、正しい解像度で作業するとストレスがなくデザインにも打ち込める時間が増えるので画像の適正値は把握しておきましょう。

入稿データのまとめ記事などもありますので気になった方は見てください。

それでは、よきデザインライフを。

Adobe PhotoshopDTP
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント