イラレでテキストボックスを連結させる方法

テキストボックス段落 Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoen(@yoen)です。

今回はテキストボックスを連結させる方法です。

初めからテキストツールを使って決めるのではなく長方形ツールなどで形を決めてからテキストを流し込むと楽なのでその方法を記事にしたいと思います。

イラレのテキストボックスは使い勝手が良くどんな形でも流し込めてしまいますので柔軟なデザインが出来ると思います。

今回のポイントは以下になります

  • 自由なレイアウトが作れる
  • レイアウト後の調整がラク
  • 他のオブジェクトに沿ってテキストを流し込める
  • 流し込む形も自由自在

それではいきましょう。

スポンサーリンク

イラレでテキストボックスを連結させる方法

まずはテキストを流し込むための長方形(閉じたパス)を作りました。

流し込むためのボックスは閉じたパスでなければなりません。閉じていなければパス上に文字が流れてしまうので注意して下さい。

文字ツール

文字ツールを選択して流し込みたいパスの辺(へん)にカーソルを持っていくとエリア内文字ツールエリア内文字に変化してくれます(カーソルの周りに点線の円が表示)のでその位置でクリックします。

わざわざエリア内文字ツールに変更しなくても勝手に変更してくれるので楽ですね。

するとパスがテキストボックスに変わりますので用意したテキストを⌘+C, ⌘+Vで流し込みましょう。

無事に流し込めましたか?

流し込んだテキスト量が多いとテキストボックスに入りきらずに以下のように右下に赤いマークが表示されます。

これはまだテキストが残っていることを知らせる警告マークになります。

これを隣のパスに続けて流し込みたいと思います。

選択ツールダイレクト選択ツール(矢印のツール)で一度赤いマークをクリックします。

するとカーソルが流し込み用のカーソルに変わります。

それを初めと同じようにボックスの辺(へん)へ持っていくと流し込み用のカーソルがカッコ付きに変わると思いますのでそこでクリックします。

以上をくり返したのがしたの画像になります。

無事に3つの段落へ流し込む事が出来ました。

テキストボックスを事前に作成していなくても赤い四角をクリックした後で任意の場所をクリックすると自動でテキストボックスが生成されテキストを流してくれます。

そのときのテキストボックスの大きさは直前のボックスのサイズと同じものになります。

テキストの段落設定の設定方法もあります。

スポンサーリンク

自由な形に流し込む

テキストボックスにするパスはキレイに並んでいなくても大丈夫です。

テキストはその枠の形に合わせて流れてくれます。

以下のような六角形や星形でも大丈夫です。

テキストボックスの形を自由にかえられるので以下のような事も簡単に出来ますよ。

テキストの流し込み方を設定する方法はもう一つあります。

テキストブロックに対してエリア内文字オプションを使う方法です。

エリア内文字オプションは以下のカレンダーの作り方で詳しく紹介しているのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

テキストボックスは自由に形を変えられますが、たまに自由すぎて形がメチャメチャになってしまうときがあるので慎重に使ってください。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

Adobe illustrator
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント