ポイント文字をエリア内文字へ一発変換【イラレ】

エリア内文字-デザイナーのひとりごと DTP
スポンサーリンク

DTPオペレーター

今回はイラレのテキスト関連の小技です。ポイント文字を瞬時にエリア内文字(テキストボックス)へ変換出来ます。いちいちボックスを作ってテキストを流し込まなくてもすむので大変便利です。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

ポイント文字をエリア内文字へ一発変換

まずはポイント文字とエリア内文字の説明。

ポイント文字

ポイント文字とはテキストツールで任意の場所ににポイントを打ってそこからテキスト入力する方法です。

ポイント文字

エリア内文字

エリア内文字とは四角や丸などの内側のエリアにテキストを流し込まれている状態のものを言います。

エリア内文字
スポンサーリンク

エリア内文字へ変換する

ポイント文字をエリア内文字にダブルクリックで変換出来ます。

まず、条件としてバウンディングボックスを表示してください。「表示→バウンディングボックスを表示」をクリック、または⌘+Shift+Bの状態で選択ツール(黒矢印)を選ぶと下のような四隅と辺の中央に白い四角が表示されます。

右側の辺の四角から白丸が表示されていると思います。これをダブルクリックします。

すると下のように一瞬でテキストボックス(エリア内文字)に変換されました。

この状態だとボックスを変形させることによりテキストをコントロール出来るようになりました。

ポイント文字へ戻す

上図の状態からバウンディングボックスを表示させると今度は黒丸になっています。これをダブルクリックします。

ポイント文字へ戻すことが出来ましたが改行された(正確にはソフトリターンです。強制改行とも言います。)状態になるので注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。まとめると

入力中、思わぬ長文になってしまったときに便利
ポイント文字とエリア内文字は変換がとっても楽
エリア内文字からポイント文字へ切り替えると改行が残ってしまう

テキストの扱いをおぼえるとイラレの作業もグッと楽になります。

それでは、よきDTPライフを。

コメント