イラレの透明効果でスキルアップ【Tips】

透明効果タイトル Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoen(@yoen)です。

今回はIllustratorの透明効果です。

効果には色々ありますが、画像やオブジェクトに効果を適用したり、単純に透明にしていく物やグラデーションで透明にしていく物など様々です。

Photoshopを使わなくてもイラレだけで出来る部分がたくさんあります。

なお、今回はイラレのカラーモードをCMYKにして作業しています。

設定場所はファイル→ドキュメントのカラーモードです。

RGBとCMYKでは効果の見え方が変わってくるものもありますので注意してください。

RGBは主にwebで、CMYKはグラフィックの世界で使われています。ここの認識も大事ですのでしっかり把握しておきましょう。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

イラレの透明効果でスキルアップ【Tips】

パネルが出ていない人はプルダウンメニューのウインドウ→透明でパネルを出しましょう。

透明パネル

描画モード

通常を含めて16種類あります。こんな感じになるんだ程度で覚えておきましょう。

描画モード
描画モード全16種です

不透明度

オブジェクトの透過度を0〜100%で調整出来ます。

不透明度
不透明度

描画モードを分離

これは犬の画像をスクリーンに、バクダンマークを乗算にしています。

これらのオブジェクトを全て選択しグループ化した後に「描画モードを分離」にチェックを入れてみましょう。

描画モードを分離
描画モードを分離

すると下のオレンジ色を無視した状態でグループ化⌘+Gしたオブジェクトの重なり合った部分のみに効果が適用されます。

イメージとしてはオレンジが無視され背景が白の状態と認識されている感じでしょうか。

描画モードを分離の結果
背面のオブジェクトは効果から除外される

グループの抜き

3つの円にそれぞれ色を着け、描画モードをスクリーンに設定しました。

それらをグループ化⌘+Gしてから「グループの抜き」にチェックを入れます。

グループの抜き
グループの抜き

すると、3つのオブジェクトの重なり合った部分の効果が除外されます。

オブジェクトの重なり順が見た目に優先されます。

重なり部分が除外される
重なり部分が除外される

不透明マスクで形状の抜きを定義

こちらはすみません。普段使わないので後日検証してみます。

ネットで調べた限りではあまり使われていないみたいですね。

スポンサーリンク

マスク作成

以前紹介したクリッピングマスクはオブジェクトを任意の形状に切り抜くための物でしたが、こちらのマスクはそれに加えグラデーションも反映されます

切り抜きたいオブジェクトとマスクするためのオブジェクトを用意します。

今回は円状のグラデーションを用意しました。

グレースケール以外でも切り抜けますが、K100が完全な透明になるのでいいでしょう。

マスクの準備
マスクの準備

それでは切り抜きをしていきます。

画像をグラデーションより下に配置している状態で二つのオブジェクトを重ねます。

二つとも選択して透明ウィンドウ上のマスク作成をクリックするか右のプルダウンから不透明マスクを作成を選びます。

するとグラデーションの効果で画像が切り抜かれました。黒色部分が透明になります。

グラデーション効果の付いた抜き
グラデーション効果の付いた抜き

この状態で透明の効果を変更したければプレビューの右側の「不透明マスクを編集(グラデーションのマスクの方)」をクリックするとマスクの編集モードになります。

マスクを編集する

終わったら左のプレビュー(画像の方)をクリックして通常モードに戻してください。戻さないと永遠にグラデーションしかいじれなくなります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

勉強不足な部分もありましたがこれだけ分かっていれば問題ないと思います。

マスク1つとっても色々なやり方があるので大変ですが、覚えてしまえばデザイン効果絶大ですので是非覚えてください。

では、良きデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

Adobe illustratorDTP
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント