イラレの3D機能で作ったオブジェクトにマッピングする方法

3Dディメンション Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、ぐらいフィックデザイナーのyoenです。

今回は、イラレのアピアランス「3D」を使ってオブジェクトに文字やイラストをマッピングしてみたいと思います。

簡単なパッケージなら作ったデザインを貼付けて商品イメージなどをリアルにプレゼンできると思いますのでぜひ覚えてかえってください。

それではいきましょう。

スポンサーリンク

イラレの3D機能で作ったオブジェクトにマッピングする方法

楕円形ツールで直径50mmの正円を書きます。塗りは白、線はなしです。

選択した状態で「効果→3D→押出し・ベベル」を選びます。

3D押し出し・ベベル

数値は任意ですが、今回は以下で作成しました。

素材の準備

マッピングしたいオブジェクト又は、テキストを用意します。今回はテキストを用意しました。

用意したら、そのオブジェクトをシンボルのウインドウにドラッグアンドドロップしてください。

すると以下のようなウインドウが表示されるので名前をつけて「書き出しタイプ」をグラフィックにしてOKします。

マッピング

あらためて、オブジェクトを選択しアピアランスパネルから「3D押し出し・ベベル」をクリックしたら、最下段の「マッピング」をクリックします。

すると、アートをマップと言うウインドウが開きます。

開いたら丈夫にある矢印でマッピングする箇所を選びましょう。今回は3/5番目の赤くなっている部分にします。

次に、左上のシンボルをプルダウンして先ほど登録したオブジェクトを選択し、面に対してサイズを任意で決めていきます。

出来たらOKを押して、元のウインドウに戻ったらもう一度OKします。

シンボルの適用は面ごとに選択できます。今回のオブジェクトの場合は5カ所に別々のシンボルを適用できる事になります。

完成しました。簡単ですね。

完成後も3Dで数値をいじれるので角度を変えたり飛び出しのサイズを変えたりも出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

3Dのデザインへの効果は抜群だと思います。簡単形のなパッケージならデザインを張り込んでクライアントに見せる事も出来ますよ。

専用のディメンションというソフトもAdobeにはあるので今度試してみようと思います。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

コメント