イラレのパターンで作る【和柄 毛卍文(けまんもん)】

和柄-けまんもん Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、yoenです。

もう今回で12作目になりました。今回は和柄シリーズ、毛卍文(けまんもん)を作りましょう。獅子舞の模様ですね。

それではいきましょう。

スポンサーリンク

イラレのパターンで作る【和柄 毛卍文(けまんもん)】

ベース作成

まずは円を2つ用意します。今回はしたの画像の2つです。

円を2つ作る

2つの画像を整列を使って天地左右センターに揃えます。

円を重ねる

揃えたらパスファインダーで分割を選びましょう。

分割したら上の三日月型を残してほかは削除します。

パスファインダーで分割

残った三日月を回転していきましょう。回転ツールを選んだら任意の場所をoptionを押しながらクリックします。

三日月の隣に基準点となる円を作ると作業しやすいです。
三日月の形はお好きなように作ってオリジナリティーがあっても大丈夫です。

基準点を作るとラク

角度を20°にしてコピーを押します。あとは、円になるまで⌘+Dでコピーをくり返します。

回転

基準点の円を作った人は最後に削除して全体をグループにしておきましょう。⌘+G

ベース完成

パターン作成

次にこれをパターンに登録していきます。選択した状態で「オブジェクト→パターン→作成」を選びます。

【タイルの種類】レンガ(横)に、幅と高さをリンクしておいて【幅】55mmに設定、高さは成り行きです。にそれぞれ設定します。ほかは触らなくて大丈夫です。

パターンオプション

今回はここからオブジェクトを動かしていきましょう。

コピーしたら任意に動かして縮小して配置してみましょう。

パターンの良い所はこの状態でオブジェクトの配置を調整できる所です。今回は小さいオブジェクトを2カ所コピーして配置してみました。

パターン作成時に修正できる
スポンサーリンク

まとめ

けまんもん

こんかいは、パターン作成時にジョブジェクトを調整してみました。簡単に反映されるので嬉しい限りです。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

コメント