CMYKをDICに変換する – 逆引き【Photoshop】

Adobe Photoshop
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoenです。

今回はPhotoshopでプロセスカラー(CMYK)から特色(DIC)を探すTipsです。

DICで作らなければならないデータを間違えてプロセスカラーで作ってしまったことがありました。

イラレではDICをCMYKに変換できますがその逆はできませんので大変困りました。

しかしこの方法を使うとDICに限らずあらゆるカラーモードの近似値がわかるので大変便利です。

それではいきましょう。

スポンサーリンク

CMYKをDICに変換する – 逆引き【Photoshop】

Photoshop

残念ながらIllustratorでは逆引きすることが出来ませんので、まずPhotoshopで新規ドキュメントを開いてCMYKの任意の色を作り、ドキュメントをその色で塗りつぶします。

PhotoshopはCMYKの数値で小数点には対応していませんのでイラレで小数点があった場合はキレイな数字にしましょう。

描画色で塗りつぶしたい場合は「option+delete」、背景色の場合は「⌘+delete」です。

今回はカラーパレットの左上の四角、色がついている部分(描画色)をクリックしてカラーピッカーを表示させます。

カラーピッカーが表示されたらカラーライブラリーをクリックします。

ちなみにこの時点でHSBやRGB、Labなどの近似値が表示されていますね。

ライブラリを「DICカラーガイド」にすると自動で先ほどの色の近似値がハイライトされた状態になります。

今回の青はDIC574だということがわかります。

DIC以外でもライブラにあるパントンやTOYOなどの他の特色でも近似色を出してくれます

これはあくまでも近似色です。DICの色とプロセスの色は違いますのでくれぐれもお気をつけ下さい。印刷されたカラーチップで実際に確認することをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

逆引きは大変便利です。一度分解してしまったDICの色も元に戻せますし、突然の印刷変更で特色に変わったときにも使えます

なにかと便利なので覚えておきましょう。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

コストを下げる方法も記事にしていますので一度読んでみてください。

Adobe Photoshop
スポンサーリンク
デザイナーのひとりごと

コメント