DTPオペーレーターが目指す未来【転職するなら】

DTPオペレーターの目指す未来 DTP
スポンサーリンク

DTPオペレーターがデザインの現場と直にふれあえる環境と言うことは前にお話ししました。

もちろん会社によってはデザイナーさんがいない所もあるかとは思いますが経験は無駄にはなりません。

そのままキャリアを重ねて行くとグラフィックデザイナー、アートディレクターと続く道があるかと思いますが、今の時代はそれだけではないと思います。

IT業界の進歩はめざましく、色々な技術やアイデアが日々発明されている中でDTPオペーレーターで培った知識や技術は色々な分野で使うことが出来ます。

今回は進む道がどこにあるのか考えてみます。当然、DTPオペレーターの道を究めるのも良いことだと思います。仕事がしょうに会っていたり、やりがいがあるなら無理に違う道をさがす必要はありません。

あくまでもこんな道があると言うことを解っていることが重要だと思いますので見ていきましょう。

スポンサーリンク

DTPオペーレーターが目指す未来

Web

紙がデジタルに置き換わっただけでデザインとしてのイラレ、Photoshopの知識は何一つ無駄になりません。むしろ同じです。

当然業界のデザインルールやHTML、CSS、Webアプリケーションなど覚えなければ行けないことはたくさんあると思いますが、きちんとルールを学べば仕事としてやっていけると思います。

Webデザイナー/ディレクター/プロデューサー/コーダー/プログラマーなど

広告

当然、グラフィックデザイナーとしての道も考えてみてください。チラシやカタログ、ボスターやパッケージなど多岐にわたります。ロゴデザインなども考えられるでしょう。

広告も紙媒体だけではありません。Webバナーや駅構内のデジタルサイネージにいたるまで色々な所に広告は散見しています。DTPオペーレーターとしての技術で無駄なことは一つもありません。

グラフィックとデジタルの広告の違いは例えば単位が違います。mmがpxに変わったり、あと紙媒体だと単位をタテ×ヨコで表示しますが、デジタルだとヨコ×タテです。これははじめ困りました。

グラフィックデザイナー/アートディレクター/イラストレーター/CGデザイナー/ゲームデザイナーなど

スポンサーリンク

ソフト

DTPでおなじみのAdobeIllustratorやPhotoshop、InDesign。使っているソフトはどの業界でも基本は代わりはありません。

もちろん専用のソフトは存在しますが、今ではサブスクでAdobeのすべてのソフトが月額で使い放題の時代です。

映像作成ソフト、Web作成ソフト、アプリ作成まで知識がなくても月額使い放題でAdobeのソフト全てが試せるのでまずはやってみるが、気軽に出来ます。

使い方もネットでいくらでも調べることができ、先人達の知識を吸収出来るので何はともあれ色々とやってみるのが良いと思います。デジタルハリウッドのAdobeマスター講座などで情報を集めてAdobeデビューしてみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

何になるにしてもなりたい職業の知識は勉強しなければなりませんが、ベースはDTPオペレーターで培われていますのでゼロから始めるより断然有利です。

まずはソフトからせめてみましょう。相性が良いかは使ってみないと分からないこともありますし、なにより楽しめないと続かないですからね。

DTPオペレーターの知識は全ての業界でベースになるものだと思います。この知識を無駄にしないで先を見て欲しいと思います。

それでは、よきデザインライフを。

コメント