イラレで幻想的な表現のライトリークを2分で作ってみる【光もれ】

イラレでライトリーク Adobe illustrator
スポンサーリンク

こんにちは、グラフィックデザイナーのyoen(@yoen)です。

今回は、ライトリークです。

ライトリークとは映像などに入り込んだ光の表現(光漏れ)のことを言います。

イラレ単体でも似たような表現ができるかやってみたところ案外できるものなのでこちらで記事にすることにしました。

あまり考えずにパッとできるので皆さんもぜひ使ってみてください。

それではいきましょう。

スポンサーリンク

イラレで幻想的な表現のライトリークを2分で作ってみる【光もれ】

今回は以下のような画像を仕上げていきたいと思います。

左が元画像で右がライトリーク効果をつけたものです。イラレでこの程度は出来るとラフ作成時などに便利ですね。それでは工程を見ていきましょう。

ライトリーク

フリーグラデーション

そうです、答えは簡単。フリーグラデーションを使えば出来ます。

フリーグラデーションの描画方法をポイントにします。

初期にできるポイントに任意の色を付けていきましょう。色味は赤や黄色系の色で仕上げていけば雰囲気出ると思います。

あとは、光漏れを避けたいところは白にしておきましょう。

後はこれを画像の上に乗せて透明効果でソフトライトを設定してあげましょう。

すると画像に雰囲気のある効果が適用されました。

グラデーションの色や描画をラインに変えるだけでも以下のように色々な効果を得られますよ。

フリーグラデーションの使い方は以下を参照してください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単ですね。

色々な色やパターンで試してみてください。

思わぬ効果が得られるかもしれませんよ。

これからもデザイナーの役に立つ情報を発信していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

それでは、よきデザインライフを。

デザインやAdobeに興味がある方は、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座がオススメです。
年間で30,000円近くのコストカットにつながり、フリーランスの方なら商用利用もOKです。AdobeCCはサブスクですので毎月、毎年のコストを少しでも下げて、よきデザインライフをお過ごし下さい。

実際に購入しそのプロセスも公開しています。気になった方は一読ください。

コメント